トップページ > 宗教的輸血拒否に対する基本方針

宗教的輸血拒否に対する基本方針


宗教的輸血拒否に対する基本方針

当院では、輸血拒否の患者さまに対して、以下の基本方針に従って対応いたします。

    <基本方針>

  1. 患者さまの意思を尊重しつつも、救命医療を最優先するという立場・考え方から、治療上輸血を必要と判断した場合は、輸血を実施します。
  2. 出血を伴わないと考えられる治療においても、予期せず生命の維持が困難な状況が発生した場合で輸血が必要な場合は、輸血を実施します。
  3. 十分に説明し、同意いただけるように努めますが、輸血の同意を得られない場合は、他院での治療をお勧めいたします。
  4. 輸血拒否に関する免責証明書・その他名称を問わず、絶対的無輸血治療に関する同意書等に一切医師は署名をいたしません。
前のページに戻る