トップページ > 診療科・部門紹介 > 診療科 > 乳腺外科

診療科・部門紹介 乳腺外科

概要

乳がん検診、検診後の精査および乳腺疾患、特に乳がんの診断・治療には高い専門性が必要です。

当科では常勤乳腺専門医2名により、乳がん検診・精査、乳腺疾患の診断・治療を行っています。

特徴・特色

マンモグラフィは女性技師(検診マンモグラフィ撮影認定診療放射線技師)が撮影を行います。

乳房超音波検査は、女性検査士と医師が検査を行います。

薬物療法は、入院・外来ともに専任薬剤師が関与します。外来化学療法室には化学療法認定看護師が勤務し、薬物療法を安全に行う体制を整えています。

術後のリハビリテーションが必要な場合には、女性理学療法士が担当します。

女性医師(乳腺専門医)の診察枠を設けています。

目標・方針

乳がん検診および検診後の精密検査を行い、乳がんの早期発見・治療に努めます。

乳がんの診断・治療では、最新の情報をもとに質の高い、安全な医療を提供します。

必要な診療科、病理、看護師、薬剤師、地域連携室等と連携を密にしたチーム医療を行います。

診断・検査結果をよく説明し、信頼関係を大切にした安心できる医療を行います。

担当医師

    椎木 滋雄

  • 役職:乳腺外科部長
  • 専門:乳腺疾患の診断と治療
    • ① 乳がん検診
    • ② 乳腺疾患の画像診断
    • ③ 乳腺疾患の手術治療
    • ④ 乳腺疾患の薬物治療

    藤井 清香

  • 役職:乳腺外科専門部長
  • 専門:乳腺疾患の診断と治療
    • ① 乳がん検診
    • ② 乳腺疾患の画像診断
    • ③ 乳腺疾患の手術治療
    • ④ 乳腺疾患の薬物治療
    • 甲状腺・副甲状腺疾患
前のページに戻る