トップページ > 診療科・部門紹介 > 診療科 > 形成外科

診療科・部門紹介 形成外科

概要

形成外科は、主に皮膚腫瘍、瘢痕、ケロイド、熱傷、顔面外傷、眼瞼下垂などを疾患として扱っています。

先天性四肢疾患(合指症、多指症、裂手など)、顔面神経麻痺、リンパ浮腫、乳房再建、頭頸部がん再建などの分野に関しては岡山大学病院形成外科と連携して治療にあたる体制をとっています。

また、美容外科領域では脱毛レーザーや、しみ、ホクロの治療を行っています。

これらの疾患でお悩みの方は一度当科にご相談ください。

担当医師

    非常勤医師

 

前のページに戻る