トップページ > 診療科・部門紹介 > 診療科 > 泌尿器科

診療科・部門紹介 泌尿器科

概要

泌尿器科では、尿路系(尿の通り道)の臓器(腎、尿管、膀胱、尿道)および男性生殖器(前立腺、精巣など)の疾患を扱っています。内科的治療から外科的治療までを包括的に担当しており、尿路生殖器の感染症、機能異常、がん、腎不全の治療としての腎移植まで扱っています。

特徴・特色

泌尿器科医療の最大の特色は、体への負担が少ない(低侵襲性)医療の研究開発とその実践と標準化にあります。現在泌尿器科では、内視鏡手術、腹腔鏡手術が汎用されています。

前立腺がんの診断に必須の前立腺生検は当院で迅速に対応できますので気軽に受診ください。がんだけでなく、感染症、結石治療に対してもすべての人に優しい治療の実践に最大限の努力をしています。

担当医師

    非常勤医師

 

前のページに戻る