トップページ > 診療科・部門紹介 > 診療科 > 皮膚科

診療科・部門紹介 耳鼻咽喉科

概要

皮膚科は皮膚や粘膜に生じた病変を診察する科です。全身の皮膚だけではなく、毛髪、爪の疾患、水虫(白癬)、口の中の病変も扱います。

皮膚疾患の多くは視診と簡単な検査で診断可能です。慢性の疾患、治りにくい疾患、その他必要な場合には積極的に皮膚生検を行い診断します。皮膚の良性・悪性腫瘍(ホクロ、皮膚がんなど)も積極的に治療します。

その他、円形脱毛症や男性型脱毛症、多汗症、じん麻疹、帯状疱疹、火傷、鶏眼、イボ等も診察いたします。

赤ちゃんからお年寄りまでの皮膚に関係するトラブルは何でもご相談ください。

特徴・特色

多岐にわたる皮膚疾患を正確に診断して、適切な治療を行います。

病理組織学的診断が必要なときは皮膚生検を行い、確定診断を行います。

治療は外用療法が中心となることが多いですが、液体窒素を用いた凍結療法や光線療法(ナローバンドUVB療法)も行います。

検査は、各種血液検査、直接鏡検による真菌検査、細胞診によるヘルペス診断、皮膚生検などです。当科での治療が困難な場合は、大学病院などをご紹介いたします。

担当医師

    非常勤医師

 

前のページに戻る