トップページ > 診療科・部門紹介 > 診療科 > リハビリテーション科

診療科・部門紹介 リハビリテーション科

概要

整形外科疾患を中心に幅広く患者さまに対応します。また、スポーツ整形外科外来などの各専門外来と強い連携で取り組んでいます。

入院患者さまについては回復期リハビリテーション病棟をはじめ、きめ細かいリハビリテーションを展開し、脳血管障害、呼吸器リハビリテーションにも対応します。

診療体制

リハビリテーション科は科長以下25人の理学療法土と7人の作業療法士により構成しており、更に充実を図っています。

特徴・特色

スポーツ整形外科外来などの専門外来にも対応したリハビリテーションを提供しています。入院回復期リハビリテーションにつきましては365日毎日行います。

1階と3階の2箇所に訓練室を設けており、自宅復帰が近づいた患者さまにはADL室を使った生活シミュレーションも行います。

担当医師

    加藤 久佳

  • 役職:リハビリテーション科部長 上肢関節外科センター長
    肩肘関節専門部長
  • 専門:関節鏡下手術、肩腱板、脱臼                                    

    拘縮肩・野球肘などの肩肘関節疾患

    四肢外傷(特に上肢)

    スポーツ整形外科(肩肘)

前のページに戻る