トップページ > 診療科・部門紹介 > 診療支援部門等 > 臨床工学室

診療科・部門紹介 臨床工学室

当院に所属する臨床工学技士は5人であり、主に透析センターにおいて透析治療を行い、35台ある透析装置の保守点検を行っています。

また、病棟で使用している医療機器(輸液・シリンジポンプ、モニター等)のトラブルにも迅速に対応できるよう心がけています。

2014年2月からは、看護部の要望に応え、多種多様な医療機器が設置されている手術室での業務も開始しました。主に医療機器(麻酔器、除細動器など)の準備、点検、管理、機器トラブルなどの対応を行っています。

スタッフ構成

    医師1人、臨床工学技士5人

運営方針・目標

  • 当院にある医療機器を安全に使用できるよう定期的に整備・点検を行う。
  • 血液浄化分野において難治性ネフローゼ症候群に対するLDL吸着療法や炎症性腸疾患に対する吸着療法といった特殊血液浄化療法に積極的に取り組む。

機器・装置・設備

  • 透析装置35台
  • 輸液ポンプ34台
  • シリンジポンプ30台
  • 人工呼吸器 5台
  • 除細動器 4台
  • AED 6台

業務実績

    2017年度特殊血液浄化実績

  • 腹水濾過濃縮再静注法(CART)14件
  • 白血球除去療法(GCAP)10件
前のページに戻る