トップページ > 診療科・部門紹介 > 保育所

保育所 / 診療科・部門紹介

日本鋼管福山病院の敷地内にある保育施設「若竹園」が2015年4月1日に福山市から認可を受け、待機児童対策施設の一員になりました。それに伴い、病院職員だけでなく、地域のお子さん(0歳~3歳)の受け入れが可能となり、定員25名中6名の地域枠を設けることができました。

若竹園では、年間行事を通して、日々の生活を楽しく過ごせるように愛情いっぱいの保育をしています。また、お子さまがお友だちや先生との関わりを楽しみ、子ども達の生活がより豊かにいきいきとしたものになるよう、「遊び」を通して心と身体の発育を保護者の皆さまとともに大切に見守っていきたいと考えています。

病院厨房から搬入した給食を、みんな好き嫌いなく、とても美味しそうに食べています。満面の笑顔で抱きついてくれる子どもたちに、安心・安全な保育をめざしていきたいと思っています。

運営方針
  • 1すべての子どもが健やかで心豊かに育つように支える。
  • 2一人ひとりの気持ちを大切にし、友だちとのかかわりを通して、意欲と優しさを育てる。
  • 3保護者の子育てと就労の両立支援をはかり、安心して子どもを託せるように務める。
保育内容・目的
  • 1養護の行き届いた環境の中で、健康、安全など日常的に必要な基本的生活習慣や態度を養う。
  • 2日常生活に必要な言葉を豊かに、正しく身につける。
  • 3自然や社会の事象について興味や関心を持たせる。
  • 4情緒を安定させ、心身の調和的な発達を図る。
  • 5積極的な遊びや片付けなどを行うように促し、自主協調などの社会的態度を養う。
保育所若竹園のご紹介若竹園の概要病児保育と病後児保育
スケジュール保護者の声・Q&A入園手順・見学申し込み
前のページに戻る