新人看護師支援体制 | 日本鋼管福山病院 広島県福山市 日本医療機能評価機構認定病院

新人看護師支援体制

1年目は看護師人生の土台をつくる大切な時期です。同期の仲間たちと互いの奮闘をたたえあい、思いや悩みを共有するなかで、それぞれの抱えている問題や課題に早期に気づくことも大切です。技術・知識の習得からメンタルまで、多方面からサポートの機会を設け、1年を通して新人看護師の成長を見守ります。

当院では、プリセプター(先輩看護師)がプリセプティと呼ばれる新人看護師をマンツーマンで教育・フォローする「プリセプター制度」を導入しています。主に、経験豊富なプリセプターが社会人としての基礎や実践的な看護技術・知識の教育を、新人看護師と年齢の近いサブプリセプターがメンタル面をサポートします。2名で関わることで新人看護師の心細さや不安、心配ごとや悩みなどを両面からしっかりと支えます。

プリセプティ、プリセプターの目印はこのバッジ。新人看護師が患者さまや全職員から温かく見守られ、成長を支援していけるような環境を提供しています。また、プリセプターにとってもより自覚が芽生え、ともに成長する大切な機会となっています。

看護部トップへ前のページに戻る

日本鋼管福山病院 〒721-0927 広島県福山市大門町津之下1844 TEL.084-945-3106(総合案内)