スペシャリストのお仕事 | 日本鋼管福山病院 広島県福山市 日本医療機能評価機構認定病院

スペシャリストのお仕事

認定看護師とは特定の看護分野において、熟練した看護技術と知識を有する事が認められた看護師のことをいいます。認定は日本看護協会が行い、認定看護師には実践・指導・相談の3つの役割があります。

当院のそれぞれの領域で活躍する認定看護師のお仕事を、インタビュー形式でご紹介します

認定看護士のご紹介

糖尿病看護認定看護師・特定看護師岡崎 眞由美

糖尿病看護認定看護師・特定看護師
糖尿病看護認定看護師や特定看護師ってどんな資格?

糖尿病は一生つきあっていく病気です。生活様式が多様化し、食事や運動、薬物療法、療養行動すべてにおいて生活に合わせたテーラーメイドの療養が必要となっています。療養方法を患者さまと一緒に探し、時には軌道修正しながら血糖コントロールだけでなく生活にも寄り添っていくのが認定看護師の役割であり「糖尿病患者さまの伴走者」といえます。2014年には保健師助産師看護師法が一部改正され、特定行為研修を受けた看護師が手順書を用いて医行為が行えるようになりました。私は2016年に特定行為研修を終了し「インスリン投与量の調整」他が実施できます。現在は週に3回、医師と連携しながら「特定看護師外来」を開設しています。患者さまからは「あなたの説明は解りやすい」「自分のことをよく知って治療のアドバイスをくれる」などの声が寄せられ、医学的な知識や思考を活用しながら看護の専門性が発揮できると感じています。

認定看護師から特定看護師を目指したきっかけは?

糖尿病専門医は重責を担っており、1人の患者さまに多くの時間を割けない現状があります。認定看護師として医師と協働していくうちに、自分の実践能力を高めれば、患者さま個々にあった満足度の高い医療が提供できるのではと考えるようになりました。そこで特定行為研修を受講しました。

資格取得にあたって苦労したことは?

特定行為研修は医学の視点からの学びでしたので、看護の視点で働いてきた自分には戸惑うことも多くありました。講師は医学部の講師や教授が多く「研修医と同レベルを目指す」ことを課せられ勉強に追われる毎日で辛く苦しかったです。認定看護師取得時も特定行為研修も、東京都清瀬市の看護研修学校で学びました。主婦・母親でもある自分が長期に家を留守にすることは、家族の協力が不可欠です。長期の研修参加を応援してくれた職場の仲間と家族には感謝しています。

今後の目標を教えてください

患者さまの生活の場は家庭、施設、デイケアと様々です。そこで院内だけの活動に留まらず、訪問看護師さんや介護士さん、ヘルパーさん向けの出張講座など地域の役に立てる取り組みを考えています。また企業、学校、地域に出向いて健康教室(一次予防)を開催し身体に関心を向けてもらうことで、疾病予防の手助けができればいいなと思います。

最後に一言メッセージを

糖尿病を持ちながら生活するのは困難なことも多いと思います。患者さまと一緒に工夫を凝らしながら一つずつ乗り越えて、糖尿病がある人生を活き活きと過ごせるようなお手伝いがしたいと思います。また認定看護師や特定行為研修で出会った仲間は私の財産です。これからも「人」を大切にして自分も成長し続けられるよう頑張っていきます。

がん化学療法看護認定看護師池上 知嘉子

がん化学療法看護認定看護師
がん化学療法看護認定看護師ってどんな資格?

がん化学療法看護認定看護師は、患者さまが安全に安心して抗がん剤治療を受けられるようにすること、少しでも副作用を軽くし、その人らしく日常生活を送っていただけるようお手伝いすることが役割です。看護師に対する教育を行い、看護の質の向上を図ることも認定看護師としての役割です。

認定看護師として心掛けていることは?

患者さまやご家族が治療や副作用を理解された上で、それぞれに合った対処方法を一緒に考えるよう努めています。疑問や不安などの気持ちを表しやすい雰囲気づくりも大切にしています。しかし、脱毛など予防が難しい副作用もあります(全ての薬で脱毛するわけではありません)。外見の変化は患者さまにとって大きな悩みにもなりますので、早めに頭皮ケアや帽子・ウィッグを紹介して、社会生活への影響が少なくなるよう考えています。

認定看護師を目指したきっかけは?

以前は今のように吐き気止め薬も進歩していなかったので、抗がん剤による嘔気・嘔吐はなかなか抑えることができませんでした。化学療法を受ける患者さまと接するたびに自分の無力さを感じていて、看護師として患者さまの苦痛を緩和することはできないのだろうか?と思ったのがきっかけです。

資格取得にあたって大変だったことは?

私が資格取得を目指したのは外科病棟へ勤務しているときでした。外科で行われる化学療法や薬については知識があるつもりでしたが、血液内科や他の診療科での化学療法は経験がなく、薬品名もほとんど知らない状況でした。資格取得のために多くの新しいことを覚えなくてはならなかった点が大変でした。

今後の目標を教えてください

現在は外来化学療法室で治療を受けられる患者さまに関わらせていただくことが多いのですが、入院治療中の患者さまにももっと深く関わることができればと思っています。外来・病棟の看護師に色々な知識を提供し、統一した看護が提供できるよう看護師教育にもさらに力を注いでいきたいです。

最後に一言メッセージを

患者さまから聞く「ご飯が食べられるようになった」「旅行に行ってきた」といった言葉が私の看護の原動力になっています! 今後も他職種(医師・薬剤師・栄養士など)とともに、最適な医療の提供を目指していきます。

小児救急看護認定看護師渡邉 奈緒

小児救急看護認定看護師
小児救急看護認定看護師ってどんな資格?

「子育て支援の医療」として、子どもとその保護者を中心に、子どもに携わるすべての人に対し幅広く活動しています。具体的には、救急時の子どもの病態に応じた迅速な救命技術やトリアージの実施などがあります。また、自宅での看護方法を保護者の方に説明したり、育児不安などへの対応をしています。その他に事故や病気を予防する活動も行っています。

認定看護師を目指したきっかけは?

看護師歴10年目のときに、小児科病棟に異動になりました。そこには急な病気に対し、健気に戦っている子どもたちがたくさんいました。子どもたちの姿を見ていて、「症状の変化により早く気付く方法はないか」「少しでも症状を楽にする方法はないか」と思い、小児の救急看護について勉強し始めました。そのうちに、もっと専門的に学び、実践していきたいと思うようになり、認定看護師を目指しました。

資格取得にあたって大変だったことは?

看護研修学校での1年間は、自分の無知さや考え方の浅さに何度も落ち込みました。しかし段々と自分の思考の傾向と、陥りやすい弱点などを理解することができるようになりました。それを教えてくれたのが、専任教員・講師の先生方や同期の仲間たちでした。たくさん苦労はありましたが、臨床を離れ、ひたすら看護について考えることができる貴重な1年間でした。

最後に一言メッセージを

認定看護師になることは、その分野を探求していくきっかけであると思っています。経験知を増やし、自己研鑽を重ねながら、より良い看護が提供できるようにしたいと思います。また、看護研修学校を卒業するときに「私たちは子どもたちに最善を尽くすことを誓います」と仲間と誓い合いました。その言葉に恥じないような自分でいたいと思います。

透析看護認定看護師松田 和子

透析看護認定看護師
透析看護認定看護師ってどんな資格?

透析療法は生涯続けていく治療で、患者さまの治療に対する向き合い方や生活習慣を知り、透析とともに生きること、その人らしい生活をおくるにはどうしたら良いかを一緒に考えていきます。また、専門的知識や技術を用いて安全な透析を提供すること、他職種と協働して患者さまの療養を支えていくことも役割とされています。2017年7月の時点では、全国に240名、広島県には8名の透析看護認定看護師がいます。

認定看護師を目指したきっかけは?

12年間の透析勤務のなかで様々な経験をし、本当にこれで良かったのか、他にもっと良い方法があったのではないかと葛藤することが多くありました。看護師として、苦しんでいる患者さまやご家族のために、少しでも役に立つためにはどうしたら良いかと見つめ直した時、透析の知識や技術を基本から勉強し直し専門性を高めること、自身の人間性を成長させることが自分のやるべきことではないかと思い決意しました。

資格取得にあたって大変だったことは?

私は以前勤めていた病院を退職後、2016年に半年間、東京女子医科大学看護学部教育センターで22名の同期生(13回生)と学びました。始めはじっと座って勉強することに慣れず臨床が恋しくなりました。苦労したことは数々のレポート提出で、何度も書き直し、夜中までグループで話し合うこともありました。1か月間の臨床実習では「傾聴」「共感」の大切さを実感しました。「ひとつひとつ目の前の山を登っていく」そんな半年間でした。

今後の目標を教えてください

1.透析患者さまへ、透析センターのスタッフと共に、安全・安楽・安心して透析を受けていただけるよう環境を整えていきたいと思っています。
2.慢性腎臓病(CKD)の方へ、腎臓病悪化予防のための生活相談や、透析が必要になった時は腎代替療法の選択を自己決定できるよう支援していきたいと思っています。
3.患者さまや職員へ、腎臓病や透析についての勉強会を開き、理解を深めてもらえるよう取り組んでいきたいと思っています。

最後に一言メッセージを

チームで患者さまやご家族を支援することが重要であり、連携を深めていくことが課題です。患者さま一人ひとりの思いを大切にし、ご本人の持つ力を信じ、支えていける存在になりたいです。 2017年に資格を取得した若葉マークの未熟者ではありますが、少しでも「不安が和らいだ。気持ちが楽になった」と言ってもらえるよう精進していきます。

看護部トップへ前のページに戻る

日本鋼管福山病院 〒721-0927 広島県福山市大門町津之下1844 TEL.084-945-3106(総合案内)