トップページ > 診療科・部門紹介 > 専門外来 > 糖尿病

専門外来 糖尿病

概要

糖尿病患者さまを対象に診療を行っています。糖尿病は現在のところ根治することはできませんが、コントロールできる病気です。その療養においては、患者さまによる食事療法や運動療法などの自己管理が欠かせません。診療においては個々の患者さまが、実践・継続できるような糖尿病治療を提案していきたいと考えています。

特徴・特色

糖尿病専門外来では医師による通常診療に加え、コ・メディカルによる栄養相談、血糖自己測定やインスリン注射の指導、手技の確認、フットケアも実施しています。当院には糖尿病療養指導士の資格を持った看護師、薬剤師、管理栄養士、臨床検査技師、そして糖尿病看護認定看護師もおります。複数の職種のスタッフが患者さまと直接対話し、患者さまが自ら積極的に療養に取り組むきっかけを作ることができれば嬉しいと思っています。

診療実績

外来糖尿病患者数:1,750人/年
インスリン使用患者数:450人程度/月
GLP-1使用患者数:170人/月

治療法・検査法

現在当院ではFGM(フラッシュグルコースモニター)リブレを使用している患者さまが70数人おられます。患者さまが血糖値を「点」でなく「曲線」で把握できることで低血糖を予測できたり過剰な補食を防いだりでき、うまく使いこなせば日々の生活での血糖の調整が可能になります。インスリンポンプも7歳から60歳代までの17人の患者さまが使用しています。またフットケアでは足の観察はもちろんのこと、簡単な巻き爪や胼胝の処置を行ったり、自宅での足のセルフケアの方法もお話ししています。毎月希望して来られる患者さまもおられ、非常に好評です。。

患者会

患者会も今年で21年になります。恒例の旅行や勉強会、ウォークラリー、そして1型糖尿病患者さまの食事会など様々な活動を行っています。

担当医師

    箱田 知美

    小原 健司(非常勤医師)

前のページに戻る