トップページ > 診療科・部門紹介 > 専門外来 > 漢方

専門外来 漢方

概要

一般的に漢方治療では、患者さまを全人的に診察し、柔軟に対応するという長所があります。また、心身の不調に対して漢方治療を取り入れることにより、生活の質(QOL)を向上させることも期待できます。主な対象は成人で、慢性疾患に(西洋医学の治療に加えて)漢方治療の併用で効果を高めたいと考えられる方、病気の予防や体質改善を望まれる方、または高齢者で作用の強い西洋薬が使用しにくく、心身両面にわたる症候を持つ方に対する漢方治療を行います。また、必要があれば相談の上で他科への紹介も行いながら治療を行います。

特徴・特色

東西両医学の融合を図る、全人的医療を目指しています。人は誰でも、病と闘い、心身を修復する能力(自然治癒力)を持っています。その自然治癒力を高め、心身のバランスを整えることを目標としています。

東洋医学的問診(問診用紙も併用)、身体診察を行い、漢方薬を用いて体質改善を目指します。漢方治療では、病名に対し漢方薬を処方するのではなく、ひとりひとりの体質に合った漢方薬を選択します。西洋医学的には同じ病気であっても、人それぞれに異なった漢方薬が処方されます。そのため漢方治療においては問診が大変重要となります。

西洋医学で治療の困難な症例に対しても、漢方薬で対応可能なものがあるのも事実です。そのよう な治療を希望される方に対しても対応できるように努力しています。

治療法・検査法

西洋医学的な治療法が確立している病態に対しては、西洋医学治療が優先されなければいけません。特に急性疾患など(敗血症、心筋梗塞、脳血管障害、ショックなど)の一刻を争う緊急処置が必要な病態や、治癒・切除可能な悪性疾患、治療法が確立しているI型糖尿病などの代謝性疾患に対して、西洋医学的治療法を行わずに漢方治療のみ施行することは治癒に至る機会を失いかねません。

当外来では、西洋医学の専門医(内科系)でもある日本東洋医学会認定漢方専門医が、東洋医学的診察に基づき、エキス製剤を用いた保険診療による治療を行います。なお、現在当院で使用可能な医療用漢方エキス製剤は約50種類です。必要に応じて西洋医学的な検査も行いながら治療を進めていきます。

担当医師

    和田 健太朗

前のページに戻る