トップページ > 診療科・部門紹介 > 専門外来 > ストーマ・肛門

ストーマ・肛門 循環器内科

概要

当専門外来では、ス卜ーマ(人工肛門)の経過観察、ス卜ーマ処置の指導を行うとともに、肛門外来として痔をはじめとする肛門疾患の診療を行っています。

当院では患者さまのニーズに合った治療を心がけています。 痔の治療については、ジオン治療の登場で大きく様変わりしてきましたが、まだまだこの変化が一般の方々には浸透していません。痔の治療は痛いのではないか?怖い思いをするのでは?恥ずかしいから…と受診をためらわれる方はまだまだたくさんいらっしゃいます。ていねいに説明をして、不安なく治療を受けていただけるように配慮していますので、お気軽にご相談ください。

ストーマ(人工肛門)造設後のケアなど

俳優の渡哲也さんが人工肛門をつくる大腸の手術を受けられてから、「人工肛門」という言葉もマスコミを通じて広く知られるようになりました。昨今、大腸がんは増加の傾向にあり、当院でも人工肛門造設手術を受けられる方が増えてきました。

入院中は看護スタッフとともにきめ細やかな対応を行っていますが、退院後、外来診療に移行すると患者さまの相談に対応する場がないということで、2002年4月から「ストーマ・肛門」の専門外来を行っています。

人工肛門に用いる装具の進歩は著しく、患者さまの負担を軽減する工夫も随所に込められています。主に装具の相談、皮膚障害の対応、装具交換の問題点の相談などを行っています。

ジオンによる痔核注射療法

痛くない痔の治療を目指して、新たな内痔核治療法として認可された「ジオン療法」を行っています。

これまでは痔核治療は手術療法が主体で、他の薬剤による硬化療法も認められていましたが、非常 に専門的な技術を要し、副作用も強いため一般的な普及をみていませんでした。今回認可された治 療法はもともと中国で開発され1979年に中国で正式な薬品に承認された「消痔霊」を日本の薬事 法に適合させた「ジオン」を使用するものです。

ジオンは組織に炎症を引き起こし痔核の血管を消退させる効果があります。炎症を強く起こすと組織障害を誘発するため、施設認可ではなく、医師個人に使用の認可が与えられるシステムになっています。前提条件に肛門疾患に対する知識と経験をもつことと、使用前に講習会の受講が必須要件とされています。

無痛に近い痔核治療を目指し、仙骨硬膜外麻酔を用いて行っています。麻酔により処置中、処置後に痛い思いをされることはほとんどありません。本当に治療が行われたのかと拍子抜けされるほどです。治療したその日から、排便の度に脱出していた痔核が出なくなる事にも驚かれます。残念ながら、痔で悩まれるすべての方がこの方法で治療ができるわけではなく、脱出する痔核が大きく、全周に及ぶもの、外痔核を伴いこの部分が大きな方はこの治療だけで完全に治すことはできないため、これまで行われてきた痔核切除術が必要です。

担当医師

    浜田 史洋

前のページに戻る