トップページ > 診療科・部門紹介 > 専門外来 > 小児神経

小児神経 循環器内科

概要

小児神経科は、熱性けいれんをはじめとする、いろいろなけいれんや意識障害、運動・知能などの発達の遅れや退行など、脳・神経・筋に異常が疑われる小児の診断・治療を行う診療科です。

小児神経疾患には小児特有の病気も多く、小児科領域でも特殊な分野を占めています。

特徴・特色

当院の小児神経専門外来は、小児神経専門医とてんかん専門医、両方の資格を持つ医師が担当しており、主に小児てんかんを専門にしています。

検査は脳波、誘発反応などの電気生理学的検査、放射線検査が主なものです。脳波検査は初診の方のほとんどに行います。

診療は原則、完全予約制のため、患者さまご紹介の際は、当院の地域連携室を通してご予約ください。

診療実績

疾患の内訳は、てんかんが最も多く、次いで熱性けいれん、精神遅滞、脳性麻痺、各種の異常運動、睡眠障害などです。

継続治療中の疾患としてはてんかんが中心ですが、各種の神経皮膚症候群や筋疾患、ミトコンドリア脳筋症や脊髄小脳変性症などの稀少疾患もあります。

担当医師

    村上 暢子 (非常勤医師)

    大守 伊織 (非常勤医師)

前のページに戻る