トップページ > 診療科・部門紹介 > 専門外来 > 内分泌甲状腺

内分泌甲状腺

概要

内分泌甲状腺専門外来とは、主にホルモンの異常により生じる病気について診断と治療を行う専門外来です。

具体的には、下垂体疾患(先端巨大症、プロラクチノーマ、下垂体機能低下症など)、甲状腺疾患(バセドウ病、橋本病、甲状腺腫瘍)、副甲状腺疾患、副腎疾患(アジソン病、クッシング症候群、原発性アルドステロン症、褐色細胞腫)などの疾患を診察しています。ホルモンは全身を巡っていますので、様々な症状が出てきます。血圧や血糖値の異常、痩せや肥満、電解質の異常などの背景にはホルモンの異常があることがあります。

このような病気が疑われる方や、高血圧症や糖尿病などで治療を受けているがなかなか治療がうまくいかない、食欲がない、痩せてきた、いろいろと検査を受けているが原因がはっきりしない方、ホルモンの異常が気になる方はお気軽にご相談ください。

治療法・検査方法

血当院では血液・尿検査のほか、各種画像検査(エコー、CT、MRI、RI検査)が可能です。入院での精密検査、治療が必要な場合は適切な医療機関を紹介させていただきます。

担当医師

    岡﨑 恭子(非常勤医師)

前のページに戻る