2017年のスタートです。
「酉年」は、判断力と行動力で、事を成すことができる年と言われています。
当院も、運を「トリ込み」良い年にすることができるでしょうか。image002

1月から、各部署に新しい主任が誕生しました。
なぜ、今・・・・。

「天の時は地の利に如かず 地の利は人の和に如かず」という孟子の言葉があります。
事を成すにはタイミングよりも、置かれている環境よりも、人の和が大切だと言う教えです。

私は、自分たちを取り巻く状況を、次のように考えています。

医療の現場では「天の時」は、国の施策として待ったなしで降りてくる。
たとえ「地の利」を見方にしても、結果はチーム力が鍵となる。

 

職位による権限は、ある種のパワーを生みます。
新しい人たちが、新しい風と情熱と活力を生み出してくれることを期待しています。

    

カンファレンスの様子
人の和に如かず

だから、今なのです。
お互いの価値を認めあう「人の団結」こそが、未来を変えるのです。

 

2017年1月5日 看護部長 比江島 文江