2017年の看護部の目標は「殻を破る」です。

昨年の目標は「つなぐ」でした。

看護を・・・サービスを・・・健康を・・・「つなぐ」意識で行動しました。
私は、一人一人の中に、何かが芽生えたと感じています。

さて、今年は、次のステップに看護部の力を引っ張っていきたいですね。
そのためにはまず、個人の「意識改革」が必要です。

私は、変われない、周囲が私に合わすべきだ。
私の力は、もっと他のところなら発揮できるのに、ここだからできない。
私の指摘することは昔からやってきたことで、何が問題なの。

私たちの周囲には、意識を変えれば、他人に与える印象や評価を全く違うものにするチャンスが沢山あります。ただ、個人が気付いていないだけ、または変わる勇気と決断ができないだけです。

まさに、自分こそが変化していない、または変化しなければならない部分が間違っているのかもしれません。

 

今年こそは、変えてみましょう。・・・・「自分の殻を破る」のです。

みんなの和イラスト       やる気のある女性イラスト

 

看護師はチームプレイヤーでなければなりません。
どの部署にもあなたの、個性・能力に合ったポジションが絶対にあるのです。
必要のない人などいません。

個人の意識改革ができれば、チームの変革は自然に進みます。
次は「チームの殻を破る」、それぞれの看護の思いを、形にできる看護部になれるはずです。

 

                            2017年2月2日 看護部長 比江島文江