暑い夏が過ぎ、一気に秋に加速していきます。雲の形、風の匂い、虫の声、自分自身が季節の流れをゆっくり感じることができれば、趣のある日常だと思うのですが、なかなかそうはいきません。

image005image003image001

 

さて、主任たちの中間面接が終了しました。みなさん、成長していますよ。
スタッフの目線から、主任としての目線に変わってきていますね。

主任たちが自分の役割を認識しながら悩んでいる話を聞き、当人たちには申し訳ないのですが、頼もしくもあり、嬉しくもあるという気持ちになりました。

そして、面接をしながら、私も主任の頃にスタッフと上司の間で、自分の行動や発言の範囲について悩んだことを思い出しました。私は、沢山の部署を経験させてもらったおかげで、色々なタイプの上司の下で仕事をしました。結論からいうと、上司の行動や考え方を変えることは難しいものだと諦めること。

私も含めこの歳になると、出来上がってしまっている形を変えることは、人生観が変わるぐらいの衝撃がなければ困難です。

image008

 

そこで、私が贈る主任たちへの若き日の教訓です。

其の一  柔軟に、しなやかに上司とつきあう

其の二  ユーモアのセンスは成功のスキル

其の三  スタッフのうわさ、股聞きを信じるな、事実を確認せよ

其の四  私ならばこうすると、言葉にする覚悟をもつ

 

以上、看護部長になった現在でも、この教訓はどこかに使える気がしています。

 

                 2017年10月4日  看護部長 比江島文江