4月、始まりの春です。
テレビでは連日、桜の開花についての報道
夕方のメイン報道が桜の開花予想
・・・・なんて素敵なことでしょう。

 

 

さて、当院では今年14人の新人看護師を迎えることができました。
この春の日差しと、新人看護師たちのキラキラした眼差しに、私たちまでワクワクさせられます。

私が看護師として歩んできた道のりは、季節のうつろいと重なります。
エネルギーを補給しながら走る、暑い夏
少し歩みを止めたくなる、もの悲しい秋
自分の世界にこもっていたい、寒い冬
でも、この世界は孤独ではありません。 同じ思いの仲間がいます。

そして、必ず「春」は廻ってきます。
自分の殻を破って、成長のエネルギーに満ちた春。
春は、いつも元気になる私です。

看護部のみなさん
今年も、活力に満ちた看護部であることを願っています。

2019年4月3日 看護部長 比江島文江