トップページ > 診療科・部門紹介 > 診療科 > 泌尿器科

診療科・部門紹介 泌尿器科

概要

泌尿器科では腎、尿管、膀胱、尿道といった尿路の臓器、内分泌系臓器の副腎および精巣、前立腺などの男性生殖器を主に扱っています。これらの分野における、がん治療、感染症、排尿障害などに対して内科的、外科的に診療、加療をしています。

診療体制

2020年度より常勤医体制となり、毎日外来診療を行っています。また、引き続き岡山大学より月曜日・木曜日に診療支援をいただいています。常勤医体制に伴い、外来診療時間外でも救急患者さまについてご相談いただけるようになりました。

目標・方針

当科では全人的医療を目指しており、患者さまそれぞれの体調、病状に合わせた加療を心がけています。

当院における治療

当院では、膀胱がんや前立腺肥大症に対する経尿道的手術、尿管ステント挿入、一部の開腹手術を行っています。また、より専門的な加療を要する方については必要に応じて近隣の基幹病院や岡山大学病院にご紹介させていただいています。

担当医師

    高山 泰弘

  • 役職:泌尿器部長
  • 専門:泌尿器科 血液透析
前のページに戻る