トップページ > 診療科・部門紹介 > 診療科 > 糖尿病内科

専門外来 透析センター

概要

主に糖尿病を有する方を対象に外来診療を行っています。外来でのインスリン導入や血糖自己測定の指導、栄養相談をはじめとした生活指導、フットケアなどをに加えインスリンポンプ療法、持続血糖モニタリングにも対応しています。

診療体制

医師による通常診療に加え、栄養相談、生活指導、血糖自己測定やインスリン注射の指導・手技の確認、フットケアなどを必要に応じて実施しています。当院には糖尿病療養指導士の資格を持った看護師、薬剤師、管理栄養士、臨床検査技師、そして糖尿病看護認定看護師も2人おります。スタッフ皆と眼科、皮膚科、整形外科などの他科の医師とも協力して糖尿病診療を行っています。

目標・方針

糖尿病は現在のところ根治することはできませんが、コントロールができ、そして経過の長い病気です。診療においては個々の患者さまが実践・継続可能な糖尿病治療を提案していきたいと考えています。

治療実績

外来糖尿病患者数:約1,900人/年
(うち1型糖尿病患者数:約120人、インスリンポンプ使用者数:約20人)

インスリン使用患者数:約500人/月

フラッシュ血糖モニタリング:約200人/月

糖尿病患者診療情報提供書

担当医師

    箱田 知美

  • 役職:糖尿病内科部長 栄養管理科長 健康管理課副科長
  • 専門:糖尿病

    山岡 主知

  • 役職:糖尿病内科医師
  • 専門:糖尿病
前のページに戻る