トップページ > 診療科・部門紹介 > 医療情報の公開 > 平成27年度 病院情報の公表

病院情報の公表

平成27年度 病院情報の公表

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

年齢階級別退院患者数

年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 946 291 109 167 222 372 838 737 492 66
【対象:平成27年4月1日から平成28年3月31日までの間に退院された患者様(全項目共通)】

平成27年度に当院を退院された患者様の年齢階級別(10歳刻み)の患者数をあらわしています。
当院では、一般(成人)の患者様及び小児の患者様の救急車の受け入れ(二次救急医療機関)を行っており、幅広い年齢の方がご入院をされております。

診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)

内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040080x099x0xx 肺炎、急性気管支炎等(15歳以上) 64 14.2 14.3 6.2% 62.1
100070xxxxxxxx 2型糖尿病 39 15.2 15.4 2.6% 64.6
060020xx04x0xx 胃の悪性腫瘍 29 8.0 9.2 0% 68.4
一般(成人)の患者様の救急車の受け入れ(二次救急医療機関)を行っており、肺炎などの急性疾患の患者様が多くおられます。
消化器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060020xx04x0xx 胃の悪性腫瘍 内視鏡的粘膜切除術 17 7.2 9.2 0% 65.1
060100xx03xx0x 小腸・大腸の良性疾患 内視鏡的大腸ポリープ切除術 10 2.2 2.8 0% 62.3
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 手術あり 10.9
当院では、人間ドックや健康管理科で胃検診や大腸検診等を行っており、検診で発見された上記疾患について、主に内視鏡的手術での治療を行っております。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040080x1xxx0xx 肺炎、急性気管支炎等(15歳未満) 314 5.0 5.7 0% 2.8
030270xxxxxxxx 上気道炎 111 4.0 4.8 0% 2.0
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 100 3.7 5.5 0% 3.2
小児の患者様の救急車の受け入れ(二次救急医療機関)を行っており、肺炎や上気道炎・ウイルス性腸炎などの急性疾患の患者様が多くおられます。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060040xx99x60x 直腸肛門の悪性腫瘍 化学療法あり 33 3.9 4.5 0% 76.5
060335xx0200xx 胆嚢水腫、胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 18 10.1 7.8 0% 62.7
060330xx02xxxx 胆嚢結石等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 17 8.1 7.0 0% 62.1
消化器癌を中心に扱っており、術後化学療法を含めた直腸疾患が多い傾向にありますが、その他の消化器癌に対しても精度の高い治療を目指しています。
鏡視下手術は、胆嚢疾患を中心に幅広く行っています。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160610xx01xxxx 四肢筋腱損傷 靱帯断裂形成手術等 215 30.0 22.2 0% 62.8
160620xx01xxxx 肘、膝の外傷 関節内骨折観血的手術等 156 17.4 12.0 0% 34.5
070230xx02xxxx 膝関節症(変形性を含む) 骨切り術等 90 40.2 31.7 0% 66.3
加齢による変性やスポーツによる障害によって生じる四肢の腱や靭帯の損傷、膝や肘などの繊細な関節内骨折の症例、変形性膝関節症に対する高位脛骨骨切り術の入院患者数がトップ3です。

初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数

初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage
I
Stage
II
Stage
III
Stage
IV
不明
胃癌 51 18 1 7
大腸癌 17 1 7
乳癌 1 7
肺癌 13 1 7
肝癌 19 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
●当院では、人間ドックや健康管理科での胃検診による早期発見により、胃癌のStageⅠでの早期治療(内視鏡的治療)例が多いのが特徴です。
●各Stageで10例未満の場合は 「-」 で表示しておりますが、初発患者様の退院延べ件数は、胃癌71件、大腸癌25件、乳癌16件、肺癌19件(肝癌のみ10件未満)です。
当院では、診断時の病期や患者様のご希望に合わせて、内視鏡的治療、鏡視下治療、手術、抗がん剤治療等により、総合的な治療を行っております。

※超早期(Stage0)の大腸癌・肺癌・乳癌は集計対象外です。
※入院治療前の各種検査(画像診断、内視鏡検査、生検など)の情報で、がんの大きさや転移などの進展状況が不明確な場合等は、病期は「不明」として集計しております。
※初回治療完了後の入院や、治療がん寛解後に局所再発・再燃または新たな遠隔転移をきたして入院された場合には、「再発」に集計しております。

成人市中肺炎の重症度別患者数等

患者数 平均
在院日数
平均年齢
重症度 0 25 6.8 46.3
重症度 1 19 17.8 74.3
重症度 2 11 23.1 78.4
重症度 3
重症度 4
重症度 5
不明
日本呼吸器学会、成人市中肺炎診療ガイドラインの 「A‐DROP」 という重症度分類を用いて、重症度別に集計した指標です。

重症度0の患者様の平均年齢が46.3歳であるのに対し、重症度1の患者様の平均年齢は74.3歳、重症度2の患者様の平均年齢は78.4歳となっており、成人市中肺炎は高齢になるほど重症になっていることが分かります。また、平均在院日数に関しても、重症になるにつれ長くなっています。

脳梗塞のICD10別患者数等

ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内
その他
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内
その他
I63$ 脳梗塞 3日以内
その他
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内
その他
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内
その他
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内
その他
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内
その他
当院においては、上記疾患の患者様は全て 「10名未満」 です。

診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)

内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6532 早期悪性腫瘍粘膜下層剥離術 25 0.6 6.7 0% 67.6
K6871 内視鏡的乳頭切開術(乳頭括約筋切開) 15 3.3 7.4 0% 76.5
K6152 血管塞栓術(選択的動脈化学塞栓術) 12 2.2 7.2 0% 73.9
当院では、人間ドックや健康管理科で胃検診や大腸検診等を行っており、検診で発見された疾患について、主に内視鏡的手術での治療を行っております。
消化器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ粘膜切除術(長径2cm未満) 321 0 1.0 0% 63.4
K6532 早期悪性腫瘍粘膜下層剥離術 15 0 6.4 0% 65.5
K7212 内視鏡的大腸ポリープ粘膜切除術(長径2cm以上) 11 0 1.4 0% 62.0
当院では、人間ドックや健康管理科で胃検診や大腸検診等を行っており、検診で発見された疾患について、主に内視鏡的手術での治療を行っております。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 35 1.5 6.9 0% 62.1
K6335 ヘルニア手術
(鼠径ヘルニア)
35 1.2 3.5 0% 64.1
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術
●腹腔鏡下胆嚢摘出術:胆嚢摘出術は手術創が小さく、術後の回復も早く標準治療としています。
●鼠径ヘルニア手術:俗名脱腸と呼ばれる鼠径ヘルニアは、短期滞在手術の代表格ですが、主に体表より行っています。
●腹腔鏡下虫垂切除術:術後の傷がほとんど分からない臍よりのアプローチで行っています。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K080-41 関節鏡下肩腱板断裂手術 185 1.2 30.6 0% 66.8
K0483 骨内異物(挿入物を含む)除去術 128 1.2 6.1 0% 55.6
K0542 骨切り術(下腿) 103 1.5 38.6 0% 65.8
●関節鏡下肩腱板断裂手術:肩腱板断裂に対する鏡視下縫合術は当院は中四国でトップレベルの手術症例数があります。
●骨内異物(挿入物を含む)除去術:所謂抜釘術は骨折後のものと高位脛骨骨切り術後のものが含まれますので上位に上がりました。
●骨切り術(下腿):変形性膝関節症に対する高位脛骨骨切り術は当院のお家芸の手術です。

その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一
異なる
180010 敗血症 同一
異なる
180035 その他の真菌感染症 同一
異なる
180040 手術・処置等の合併症 同一
異なる
当院では、上記の各疾患とも患者様が10名未満であり、非常に低い発生率となっております。

更新履歴

2016.09.28
ホームページ作成

※当ホームページにつきましては、個人情報保護の目的により、 「患者数」 及び 「症例数」 が10未満の指標に関しましては全ての項目を “-(ハイフン)” で表記しております
前のページに戻る