トップページ > 診療科・部門紹介 > 医療情報の公開 > 平成29年度 病院情報の公表

病院情報の公表

平成29年度 病院情報の公表

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

年齢階級別退院患者数

年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 1064 239 102 113 221 291 763 859 479 123
◆年齢階級別退院患者数
 ・一般病棟の年齢階級別(10歳刻み)の患者数を示しています。
 ・年齢階級は、90歳以上を1つの階級として設定しています。

当院では、一般(成人)の患者様及び小児の患者様の救急車の受け入れ(二次救急医療機関)を行っており、幅広い年齢の方がご入院をされております。

診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160610xx01xxxx 四肢筋腱損傷 関節鏡下肩腱板断裂手術等 223 27.14 19.87 0.45 67.59
070230xx02xxxx 膝関節症(変形性を含む)骨切り術等 156 41.95 28.50 0.64 66.68
160620xx01xxxx 肘,膝の外傷(スポーツ障害等を含む) 腱縫合術等 116 18.37 11.41 0 34.61
070230xx97xxxx 膝関節症(変形性を含む) その他の手術 113 11.44 8.83 0 67.37
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む) 人工関節置換術等 98 45.87 25.09 0 75.88
◆診断群分類別患者数等(整形外科/上位5位まで)の解説

肩腱板断裂に対する手術や、変形性膝関節症に対する高位脛骨骨切り術などは全国的にも屈指の症例数を行っています。
スポーツ選手の膝前十時靱帯断裂の手術、人工膝関節置換術が上位にあがっています。当院で自院完結的に自宅での生活が可能なレベルまでリハビリテーションを行っており、ほとんどの方で他院を経由することなくご自宅に退院されています。
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060020xx04x0xx 胃の悪性腫瘍 内視鏡的胃,十二指腸ポリープ・粘膜切除術 33 7.42 8.73 0 67.24
030400xx99xxxx 前庭機能障害 21 5.05 5.15 4.76 68.24
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石,胆管炎 手術あり 21 9.62 10.61 0 77.52
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染性 21 15.52 12.34 14.29 72.14
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 20 7.45 5.50 0 55.90
◆診断群分類別患者数等(内科/上位5位まで)の解説

一般(成人)の患者様の救急車の受け入れ(二次救急医療機関)を行っており、急性疾患の患者様が多くおられます。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040090xxxxxx0x 急性気管支炎,急性細気管支炎,下気道感染性 260 4.53 5.94 0.77 1.68
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 154 3.95 5.50 0.65 3.64
040070xxxxx0xx インフルエンザ,ウイルス性肺炎 127 4.46 6.03 0.79 3.95
030270xxxxxxxx 上気道炎 80 3.67 4.84 0 3.24
0400801199x00x 肺炎等 72 4.50 5.70 2.78 3.10
◆診断群分類別患者数等(小児科/上位5位まで)の解説

小児の患者様の救急車の受け入れ(二次救急医療機関)や地域の連携医療機関(小児科)からの入院紹介等を行っており、急性気管支炎やウイルス性腸炎・肺炎などの急性疾患の患者様が多くおられます。
また、当院はアレルギーの専門医による、喘息や食物アレルギー,アレルギー性鼻炎などのアレルギー疾患の管理にも力を入れております。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060335xx02000x 胆嚢水腫,胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 18 7.72 7.40 0 60.28
060040xx99x70x 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 化学療法 15 2.93 4.81 0 73.47
060040xx99x60x 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 化学療法 14 7.71 4.38 0 67.64
060035xx99x60x 結腸の悪性腫瘍 化学療法 12 6.75 4.47 0 65.50
060150xx99xx0x 虫垂炎 10 9.20 7.01 0 49.70
◆診断群分類別患者数等(外科/上位5位まで)の解説

消化器癌を中心に扱っており、術後化学療法を含めた直腸疾患が多い傾向にありますが、その他の消化器癌に対しても精度の高い治療を目指しています。
鏡視下手術は、胆嚢疾患を中心に幅広く行っています。

初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数

初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 33 23 17 1 7
大腸癌 13 39 1 7
乳癌 1 7
肺癌 1 7
肝癌 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
【初発の5大癌のUICC病期分類別ならびに再発患者数(延べ患者数)】
 ・当院では、人間ドックや健康管理科での胃検診による早期発見により、胃癌のStageⅠでの早期治療(内視鏡的治療)例が多いのが特徴です。
 ・各Stageで10例未満の場合は「-」で表示しておりますが、初発患者様の退院延べ件数は、胃癌79件、大腸癌65件、乳癌17件、肺癌・肝癌は10件未満です。 当院では、診断時の病期や患者様のご要望にあわせて、内視鏡的治療、鏡視下治療、手術、化学療法(抗がん剤治療等)により、総合的な治療を行っております。
 ※超早期(Stage0)の大腸癌・肺癌・乳癌は集計対象外です
 ※入院治療前の各種検査(画像診断、内視鏡検査、生検など)の情報で、がんの大きさや転移などの進展状況が不明確な場合等は、病期は「不明」として集計しております
 ※初回治療完了後の入院や、治療がん寛解後に局所再発・再燃または新たな遠隔転移をきたして入院された場合には、「再発」に集計しております

成人市中肺炎の重症度別患者数等

患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 13 8.92 47.54
中等症 41 15.56 76.85
重症 10 29.8 88.1
超重症
不明
【成人市中肺炎の重症度別患者数等】
 ・成人の市中肺炎について、重症度別に患者数,平均在院日数,平均年齢を示しております。
 ・重症度分類は、A-DROPスコアを用い、軽症~超重症の4段階で表記しております。また、重症度分類の各因子が一つでも不明な場合は「不明」と分類しています。


【A-DROPスコア】
 ●AGE(年齢)  ・・・  男性70歳以上,女性75歳以上
 ●Dehydration(脱水)  ・・・  BUN21㎎/dl 以上または脱水あり
 ●Respiration(呼吸)  ・・・  SpO2<=90%(PaO2 60Torr以下)
 ●Orientation(意識)  ・・・  意識障害あり
 ●Pressure(収縮期血圧)  ・・・  収縮期血圧90mmHg以下
  ※上記のうち、1項目に該当すれば1点、2項目に該当すれば2点(5点満点)

 軽症:0点の場合
 中等症:1~2点の場合
 重症:3点の場合
 超重症:4~5点の場合(ただし、ショックがあれば1項目のみでも超重症とする)

脳梗塞の患者数等

発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
◆脳梗塞のICD10別患者数等の解説
脳梗塞の病型別の患者数,平均在院日数,平均年齢,転院率を示しています。
当院では、脳神経外科,脳神経内科の標榜はありませんので、上記、すべての病型において10例未満となっております。【脳梗塞の患者数等】
 ・脳梗塞の患者数,平均在院日数,平均年齢,転院率を示しています。

 ※当院では、脳神経外科,脳神経内科の標榜はありませんので、上記、すべてにおいて10例未満となっております。

診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K080-41 関節鏡下肩腱板断裂手術 199 1.17 24.71 0 67.62
K0483 骨内異物除去術 (下腿) 197 1.13 5.46 0 60.21
K0821 人工関節置換術 (膝) 175 4.45 37.53 0.57 74.26
K0542 骨切り術 (下腿) 155 2.26 38.95 0.65 66.64
K0461 骨折観血的手術 (大腿) 72 2.32 35.11 16.67 75.78
◆診療科別主要手術別患者数等(整形外科/上位5位まで)の解説

肩腱板断裂に対する手術や変形性膝関節症に対する高位脛骨骨切り術は、人工関節置換術は適応を分けておりほぼ同数となっています。高齢者の大腿骨近位部骨折も原則的には以前の生活にできるだけ近いレベルまで当院でリハビリテーションを行って退院されています。受傷前に周辺の施設へいらっしゃった方はなるべくそちらへお帰りいただいています。
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6532 内視鏡的胃,十二指腸ポリープ粘膜切除術 (早期悪性腫瘍粘膜下層) 28 0.36 6.39 0 67.82
K6871 内視鏡的乳頭切開術 20 1.30 7.00 0 76.25
K6534 内視鏡的胃,十二指腸ポリープ粘膜切除術 (その他)
K654 内視鏡的消化管止血術
K688 内視鏡的胆道ステント留置術
◆診療科別主要手術別患者数等(内科/上位5位まで)の解説

当院では、人間ドックや健康管理科で胃検診や大腸検診等を行っており、検診で発見された疾患について主に内視鏡的手術での治療を行っております。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6335 ヘルニア手術(鼠径ヘルニア) 32 1.16 3.75 0 63.09
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 24 1.75 5.75 0 61.08
K6171 下肢静脈瘤手術(抜去切除術)
K655-22 腹腔境下胃切除術(悪性腫瘍手術)
K7193 結腸切除術(全切除,亜全切除又は悪性腫瘍手術)
◆診療科別主要手術別患者数等(外科/上位5位まで)の解説

●鼠径ヘルニア手術:俗名脱腸と呼ばれる鼠径ヘルニアは、短期滞在手術の代表格ですが、主に体表より行っています。
●腹腔鏡下胆嚢摘出術:胆嚢摘出術は手術創が小さく、術後の回復も早く標準治療としています。
消化器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 220 0 1.1 0 64.02
K721-4 早期悪性腫瘍大腸粘膜下層剥離術
K722 小腸結腸内視鏡的止血術
◆診療科別主要手術別患者数等(消化器科/上位5位まで)の解説

当院では、人間ドックや健康管理科で胃検診や大腸検診等を行っており、検診で発見された疾患について主に内視鏡的手術での治療を行っております。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術 89 0.69 1.92 0 74.03
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術 37 0.14 2.43 0 66.62
K281 増殖性硝子体網膜症手術
◆診療科別主要手術別患者数等(眼科/上位5位まで)の解説

眼科領域全般について診療を行っていますが、特に白内障・網膜硝子体疾患に力を入れています。
 ・白内障手術は眼内レンズ縫着・眼内レンズ強膜内固定を含む難症例にも対応します。
 ・硝子体手術は増殖性糖尿病網膜症、網膜剥離、黄斑円孔、黄斑上膜等多くの疾患に対応します。 加齢黄斑変性等への硝子体内注射も行っています。

総合病院として内科など他科との連携のもと診療を行っています。

その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一
異なる
180010 敗血症 同一
異なる
180035 その他の真菌感染症 同一
異なる
180040 手術・処置等の合併症 同一 10 0.24
異なる
【その他(DIC,敗血症,その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)】
 上記、播種性血管内凝固症候群,敗血症,その他の真菌感染症,手術・処置等の合併症の発生率は、「10例未満」もしくは非常に低い発生率となっております

更新履歴

2018.09.25
平成29年度の指標によるホームページ開設
【全項目共通の集計条件等について】

※対象:平成29年4月1日から平成30年3月31日までの間に退院された患者様。
※入院後24時間以内に亡くなられた患者様,生後1週間以内に亡くなられた新生児,臓器移植を受けられた患者様は集計の対象外としています。
※当該ホームページにつきましては、個人情報保護の目的により、 「患者数」 及び 「症例数」 が10未満の指標に関しましては、“-(ハイフン)” で表記しております
前のページに戻る