トップページ > 診療科・部門紹介 > 専門外来 > 腎臓病・透析を考える外来

専門外来 腎臓病・透析を考える外来

慢性腎臓病(CKD)について

我が国の成人人口の約13%が慢性腎臓病(CKD)といわれています。腎臓の働きが悪くなると、心筋梗塞や脳卒中などの心血管疾患を合併するリスクが極めて高くなることが近年明らかとなってきました。そこで、健康を脅かす疾患としてのCKD対策の重要性が広く知られるようになりました。

腎臓病には、血尿・蛋白尿で発見される慢性腎炎(IgA腎症など)、大量の蛋白尿や浮腫を生じることで発見されるネフローゼ症候群、難治性とされる血管炎や膠原病関連腎炎、遺伝性の腎臓病(多発性嚢胞腎ADPKD、Fabry病など)、短期間に急激に腎機能が低下する急性腎障害(AKI)、そして数ヶ月から数十年の経過で徐々に腎機能の低下していくCKD、更に透析導入や腎移植の必要な末期腎不全があります。

特徴・特色

~幅広く保存期CKDを診療している~

早期のCKDから透析導入直前の末期腎不全まで幅広く診療を行います。CKDを根治することは困難ですが、その進行を遅延させることは可能です。定期検査・腎生検・栄養指導・薬物療法などを行いながら、可能な限り腎機能の保持、更には安定化を目指します。透析導入が必要と判断された方には、治療法の選択(透析または腎移植)などを提示した上で、適切な時期でのブラッドアクセス(シャント)作成術、透析導入をお勧めし、透析の準備を行います。

末期腎不全に至ってからの『緊急透析導入』は、患者さんの苦痛だけでなく、カテーテル挿入に伴う感染リスク・心血管イベント増大・入院期間延長など生命の危険を伴うため、可及的に避けるべきものです。近年は『待機的透析導入』として、透析導入が予想される半年以上前にシャント作成術を行い、透析導入に備えるなどの準備をしておく治療が一般的になっています。そこで、eGFR値が20台に低下し(Hb11未満など腎性貧血も合併していれば特に)、将来的に透析治療を考えなければならない保存期CKDの患者さんを診ておられる場合には、一度専門外来(透析を考える外来)へのご紹介をお勧めいたします。

また、腎移植を希望される方に対しては、岡山大学病院などの腎移植施行施設と連携を図り、腎移植のサポートを行います(安定した腎移植後の患者さまのフォローは当専門外来でも行っています)。

IgA腎症については、『両側口蓋扁桃摘出術+ステロイドパルス療法』を行った後、経口ステロイド漸減を行う治療が標準的な治療であり、当院でも長年行ってきました。しかし、この治療を行っても残念ながら寛解に至らない治療抵抗性のケースにおいては、慢性上咽頭炎合併の関与が疑われており、一部の腎臓専門医の間で注目され始めています。当外来では、近隣の耳鼻咽喉科の先生と連携し、IgA腎症患者さまの慢性上咽頭炎に対する『Bスポット治療(EAT)』の相談にも応じております(現在、当院内科腎臓病専門外来では塩化亜鉛液の点鼻療法のみ施行可能)。

また、遺伝性の腎臓病であるADPKDについては、トルバプタンという薬剤がその進行抑制に効果があることが近年報告されています(使用にはeGFR25以上の残存腎機能があることが望ましい)。当外来では家族性多発性嚢胞腎とその合併症の診断、薬物療法も積極的に行っています(トルバプタンの処方を行うためには2泊3日程度の入院が必要)。

担当医師

    和田 健太朗

前のページに戻る