トップページ > 診療科・部門紹介 > 専門外来 > 小児アレルギー

小児アレルギー 専門外来

概要

アトピー性皮膚炎、食物アレルギー、気管支喘息、アレルギー性鼻炎、花粉症など、小児のアレルギー疾患全般を診療しています。アレルギー疾患を持つ児の生活指導や予防接種の相談など、アレルギー、免疫疾患を含め、全般的に診療しております。

目標・方針

アレルギーは乳幼児期から始まっており、乳幼児期のアトピー性皮膚炎の早期発見、早期治療が、今後の食物アレルギーや気管支喘息の悪化を防ぐために重要です。発症した食物アレルギーに対しては食物経口負荷試験による必要最小限の除去や少量摂取による寛解、気管支喘息の早期ステロイド吸入導入による症状改善、アレルギー性鼻炎に対するダニ舌下免疫療法によるアレルギー発症抑制など、アレルギー疾患への早期介入の重要性が広がっており、早期発見早期介入による寛解を目指すアレルギー治療を目標に掲げております。

特徴・特色

常に最新の情報や治療法を積極的に取り入れていき、いち早く臨床の中で応用していこうと考えております。

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎の早期発見・治療からの寛解を目指しており、プロアクティブ療法による再燃の少ない治療を実施しております。外来での医師・看護師によるスキンケア指導、皮膚軟膏指導等を実施しており、患者さまより高い評価をいただいております。

食物アレルギー

入院(場合によっては外来)での食物経口負荷試験を積極的に実施しております。重症の食物アレルギー児に対する緩徐経口免疫療法や、日本小児アレルギー学会で推奨されているアトピー性皮膚炎の乳児に対する鶏卵アレルギー発症予防も積極的に実施しております。

気管支喘息

客観的評価が可能な呼気NO測定や呼吸機能検査(スパイロメーター、モストグラフ)を用いて、喘息コントロールの向上に努めております。客観的評価を行うことで、現在の状態や治療の必要性などを本人、家族にも分かるように進めております。最重症例に対しては、生物学的製剤治療も実施しております。

アレルギー性鼻炎

ダニ・スギ抗原への舌下免疫療法を積極的に取り入れております。ダニ感作の強い通年性アレルギー性鼻炎の小児へ免疫療法を行うことで、鼻炎だけでなく、気管支喘息の治療や今後の花粉症の発症抑制など、アレルギーの予後を変えていく可能性がある治療であります。

主な診療実績

  • 喘息患者総数 約500人
  • アトピ―性皮膚炎患者数 約300人
  • 食物負荷試験 200例以上
  • 舌下免疫療法実施者数 100例以上

担当医師

    関本 員裕

    板野 稔子

前のページに戻る