日本鋼管福山病院のモバイルサイト

看護部のご紹介

新人看護師支援体制

病院の理念・看護部の理念を基盤とし、豊かな人間性と倫理観に富んだ信頼される看護師を育成するとともに、患者さまを尊重し、安全・安楽な看護を提供できる人材を育成します。

新人職員研修は、看護部の教育担当者を中心に計画的に実施します。教育担当者、プリセプターを中心に「みんなで育てる」職場風土のなかで、技術指導、患者ケア、看護記録などの看護の基礎を細やかに丁寧に指導します。新人看護師が深刻なリアリティーショックを体験することなく、スムーズに職場に適応できるよう、先輩ナースの指導のもと、実務をとおした実践教育を行ない、看護師として自信を持って看護実践をしていけるように、しっかりと支援します。

看護継続教育は、クリニカルラダーシステム(臨床看護実践能力成熟段階制)を実施します。また、学会発表や研修会等、院外の活動にも積極的に参加できるように配慮しています。

わたしたちは
これらを大切にしています

尊重:働く仲間を価値あるものとして大切にします

信頼:働く仲間を信じて頼りにします

慮る:周囲の状況を良く考え、気を配ります

キャリアアップをして自分がめざす看護師に成長してください。
職場環境がそれをサポートします!

認定看護師資格取得支援制度、助産師資格取得支援制度、認定看護師管理者ファーストレベル・セカンドレベル・サードレベル受講支援制度、実習指導者研修会受講支援制度、その他、各種看護関連資格取得に向けた支援があります。自己のキャリアプログラムに沿って自己成長を促し、バックアップします。

学習する体制

充実した設備を備えた図書室で自由に学習できます。

メディカルオンラインを利用し、図書室でも自宅でも看護・医学雑誌が閲覧できます。

新人看護師教育プログラム

新人医療安全教育